定款作成時にかかる費用はどれくらい?行政書士に依頼した場合の費用やメリットについて

2021/5/17

2021/07/29

株式会社設立の際には定款を作成し、公証人による定款認証を受けます。定款認証を受ける方法は2通りあります。

1つは従来通りの紙で作成した定款で認証を受ける方法と、もう1つは電子定款で認証を受ける方法です。

お客様がご自身で手続きをした場合(紙の定款)と当行政書士事務所に電子定款認証代行サービスをご依頼した場合の費用の比較

お客様がご自身でお手続き 当事務所のサービスを利用
定款作成費用 0円 29,700円
定款収入印紙 40,000円 0円(電子定款認証対応のため)
定款認証手数料 約52,000円(謄本作成料含む) 約52,000円(謄本作成料含む)
諸経費 ?円(公証役場までの交通費など) 0円
合計 92,000円+諸経費 81,700円

お客様がご自身で紙の定款認証手続きをされるよりも、当行政書士事務所へ電子定款印象手続きをご依頼いただいた方が10,000円以上お得です。

またお客様がご自身で定款認証手続きをした場合の時間、諸経費等を考慮すると10,000円以上の費用の節約を見込むことができます。

更に当行政書士事務所では追加費用は一切頂きませんし、お客様には以下のメリットがございます。

当行政書士事務所に定款作成・電子定款認証代行サービスをご依頼した場合のメリット

何度も公証役場に行く手間、時間を省ける

書類の準備不足、訂正等のために公証役場に何度も足を運ぶことがあります。

定款作成や定款認証手続き以外の事業の準備に専念できる

事業の立ち上げにはいくら時間があっても足りないはずです。

御社に最適な定款作成が可能

市販の定款作成の本や雛型を参考にしただけでは、御社に最適な定款を作成することは困難です。

定款認証後にも無料メール相談ができる

定款認証後1年間は何回でもメールで無料相談を承ります。

当行政書士事務所の他のサービスを特別料金で受けることができる

他のサービスをすべて10%引きにてご提供致します。

以上のメリットにより、お客様は経費を10,000円以上節約できるだけでなくプラスαのメリットを受けていただくことができます。

事業立ち上げ時の大切な時間を有効に使っていただくためにも、是非当行政書士事務所の「定款作成・電子定款認証代行サービス」をご利用ください。

定款作成や認証手続きの手間と時間を省きたい、事業準備に忙しいお客様

「定款作成・電子定款認証代行サービス」(相談、書類作成、手続代行)81,700円(法定費用・行政書士費用・消費税・諸経費込みで追加費用一切なし)がおすすめです。

お客様の手続き(以下の3つのみ)

  • 当行政書士事務所所定のヒアリングシートのご記入
  • 当事務所で作成した委任状への押印
  • 印鑑証明書のご準備

 当事務所が行う手続き

  • 定款案の作成
  • 公証人との打ち合わせ
  • 電子定款認証手続き
  • 公証役場にて電子定款認証データ、定款謄本の受領

※お客様が作成された定款の持ち込みも受け付け致します。当行政書士事務所にて定款内容のチェックを行います。

建設業許可申請・外国人ビザ申請はプロに相談

こんなお悩みありませんか?

  • 事業拡大のために建設業許可を取りたい
  • 建設業許可を取るための時間がない!
  • 外国人を雇用したいと思ってるけど、ビザはどうすればいいの?
  • 在留期間を更新したいんだけど・・・

建設業許可申請・外国人のビザ申請なら
「行政書士 伊東綜合事務所」にお任せください。

建設業許可申請・外国人ビザ申請の
実績は1,000件以上、
許認可を専門とした行政書士です。

まずはお気軽にご相談ください。